αトリノ水とは

以前より、水の処理問題を中心とした環境問題に取り組み、総合廃水処理装置、表面処理装置等、永年に渡る数多くの特許のノウハウの蓄積の上に、水の処理研究を重ねて参りましたが、 この度、世界的に全く新しい「中性電解除菌機能水」 の開発に成功することができαトリノ水」と命名しました。
「除菌力のある水:αトリノ水」は、酸化物とマイナスイオンが共存し、残留塩素による除菌力があるにもかかわらず、塩素被害の無い安全な水として、社団法人東京都食品衛生協会・東京食品技術研究所の検査 でも安全性が確認されています。

αトリノ水とは、特許を取得している「撹拌装置」から生まれ、0.2〜0.5%の食塩を含む水に低周波振動流動(振動を伴った三次元の流動撹拌)を与えながら、電気分解をすることによって生成される 中性電解除菌機能水です。この中性電解除菌機能水は遊離塩素を含んでおりますが、嫌な塩素臭や塩素被害がなく、除菌力が強くても人の皮膚には優しい力を発揮する 除菌・機能水です。
又、αトリノ水「中性電解除菌機能水」は薬事法第13条第1項の規定により化粧品として認可されております。


21世紀の安らぎのある自然環境の再構築に向けて「除菌力のある水:αトリノ水」と、弊社の環境に負荷を掛けない新エネルギー技術及び、光触媒技術、総合廃水処理技術等々で、社会貢献をしたいと考えておりますので、今後とも皆様の、より一層のご指導ご支援のほどを切によろしくお願い申し上げます。

《 中性電解水の特徴 》
水中に遊離塩素が多量にあっても、嫌な塩素臭がしません。
希薄な食塩の電解水であっても、肌にうるおいを与える化粧水としての効果があります。
希薄な食塩と水との電解水は、1年たってもその効果を維持することができます。
養豚場、養鶏場などの消臭・除菌に効果的です。
塩素化合物濃度を高くすることにより、農薬代わりとなり将来の無農薬農場の実現に大きく寄与できます。
各種の菌類に汚染された野菜や果物、卵は現在「次亜塩素酸ソーダ」で洗浄されているが、残存薬品や処理薬品の処分などで大きな社会問題になっているが、これらの諸問題は解決され、長期保存も可能となります。
遊離塩素で問題になっているプールや浴場に使用することにより、除菌と肌の癒し が可能となります。(化粧水のなかで泳ぐようなもの)
一般の消毒・除菌用として、天災などの被災地に安全な除菌水として使用できます。
《 従来の電解水との違い 》
従来の市場に出ている電解水は「酸性電解水」や「アルカリ電解水」で、酸性やアルカリ性の為、使用範囲や使用条件に制約があったがそれらの制約がありません。
環境負荷を軽減できます。
従来のどちらの電解水も、遊離塩素を多量含有させ、除菌力を上げようとすると、塩素臭や塩素被害の出る恐れがあったが、それらの問題はありません。
酸性電解水は、金属類を腐食させたり、またアルカリ電解水は皮膚の弱い人には不向きであるなどの、欠陥があったが、その心配はありません。
中性の電解水は理想であったが、機能を備えた中性の電解水の製造は、困難を極め不可能に近い状態であったが、新方式により実現しました。
従来の電解水の製造は、バッチ式による少量生産であったが、この中性電解水は連続的に製造できるものです。



このHPは、日本テクノ株式会社株式会社メック で共同運用しています。